南の往診獣医さんのブログ

往診獣医が獣医師ならではの視点で動物のこと、社会の出来事、その他の話題についてオリジナルイラスト付きで書いています。

猫のコロナウイルス感染症

 

今日は猫のコロナウイルスのお話をします。

猫にもコロナウイルス感染症があります。

検査項目にも、この通り。

 

f:id:oushinjuui:20200213162534j:image

 

しかし、「猫コロナウイルス感染症」という言葉はあまり聞かないような気もします。

 

では、この病名はどうでしょうか。

 

猫伝染性腹膜炎。(ねこでんせんせいふくまくえん)

Feline lnfectious Peritonitis : FIP

 

これは、変異した猫コロナウイルスが原因の感染症です。

 

本来、猫のコロナウイルスは猫の腸内でしか増殖しません。

数日間の下痢で治ってしまう例が多く、中にはまったく症状の出ない子もいます。

 

ところが猫コロナウイルスがひとたび「変異」を起こすと、猫の命を奪う感染症に変貌します。

それが猫伝染性腹膜炎です。

 

症状は「腹水や胸水が溜まるウェットタイプ」、「神経症状や多臓器不全を起こすドライタイプ」に分類されますが、致死率はほぼ100%‥‥。

なぜ変異が起こるのか。

それは残念ながらまだ分かっていません。

 

治療は極めて困難です。

日本国内で承認されたワクチンも治療薬もありません。

 

しかし昨年、海外で動きがありました。

カリフォルニア大学デービス校の研究チームが

GS-441524という物質を発見。

GS-441524を投与された猫伝染性腹膜炎の猫31匹うち、18匹が助かっています。

 

参考文献↓

https://journals.sagepub.com/doi/10.1177/1098612X19825701

 

残念なことに日本ではこの物質は承認されていません。

簡単に入手できるものではありませんし、しかも非常に高価です。

猫伝染性腹膜炎についての現状はいまだ厳しいと言えます。

 

しかし、国内に希望が全くないとも言えません。

 

例えばタミフルは人のインフルエンザの薬ですが、犬のパルボウイルス感染症の生存率を上げる可能性が示唆されています。

 

また、リファンピシンという人体薬はもともと結核ハンセン病に対して用いられる抗生剤でしたが、認知症への予防効果があることが近年見出されました。

 

 

既存の薬で、あるいはその組み合わせで突破口が開ける可能性はゼロではありません。

 

また、以前に比べて情報共有は格段にしやすくなりました。

「既存の薬が効いた」という例を埋もれさせないためにも、学術的な場のみならずオープンに情報がやりとりされることが大事だと思っています。

 

そしていま、私が心配しているのは‥‥。

 

猛威を振るっているヒトの新型コロナウイルス感染症で猫と同じことが‥‥つまり、とつぜん致死的な形質への「変異」が起こらないだろうかということです。

 

コロナウイルスの暴走が猫ではしばしば起こることを、我々獣医師は身近に経験しています。

 

ワンヘルス。

 

あらゆる専門領域、国家も民間も、経験を集約させて立ち向かうときです。

 

f:id:oushinjuui:20200214001324j:image

1万分の1は0か

 

ここしばらく往診件数が多くて、日付をまたぐ日が続きました。


時間のかかかる難しい症例もあります。

なにも技術的なことだけではありません。
例えば「告知する」という行いもその一つです。


「これは助かる見込みのない病気です」


とだけ言ってそそくさと去るのは、病を告げる者のする事ではないと私は思っています。

 

飼い主さんの様子を見ながら、ゆっくり時間を掛けてご説明申し上げないといけません。


だから同じ日に、同じ家に2回行くこともあります。

1人では受け止められないこともあるので、家族全員がそろう時間になってから改めて出向くわけです。

そしてこのとき、忘れずに付け加える言葉があります。

「とは言え、何が起きるかまだわからない」

ということです。


他院で心筋症と腎不全の診断を受け、余命わずかと告知された猫がいます。


「残りの日々は自宅で」ということで紹介を受けて私が引継ぎました。

データ上、私も同じように思いました。


しかしどうしたわけか。

それから数ヶ月たった今日も、この子は人生を楽しんでいます。

薬は継続していますが元気も食欲もあり、コタツの中でぬくぬくと丸くなっています。

 

 

そうかと言えば、1年ぶりに訪れたお宅でも不思議な事に出会いました。

飼い主さんは昨年、脳梗塞のため左半身が麻痺していました。


しかし今年。

この方はしっかり歩いて玄関から出てくると、自分の犬を両手で抱き上げました。

私が驚いていると


「お医者さんからもね、もう動かないって言われましたよ!」

だけどね、と続けて


「私は信じてたんだ。絶対、歩けるようになるって。もう死のうかと考えときもありましたよ。しかしね、何くそって。ダンベルを毎日にらんでね。絶対持ち上げてやるって」


この方はもう70歳に近いのですが、脳梗塞のあと60kgのベンチプレスに挑み続け、先ごろ成功しています。


「だからね、先生は獣医さんだけどね、治らないって、その道に詳しい人がね、絶対言っちゃだめなんだ。万に1つでも治ることがあるって、そう言わないと。だって希望がないと、人は生きておれないんだよ」


たいへん考えさせられる言葉です。


この文章は飛行機の中で書きました。

日本獣医師会の学術大会に向かっています。

 

f:id:oushinjuui:20200208232808j:image

 

確かに獣医学は日々進歩します。

しかし、「技術に血を通わせること」を忘れてはいけないな、と強く思います。

 

f:id:oushinjuui:20200208234532j:image

 

犬のコロナウイルス感染症

 

今日はいま世間を騒がせている「ヒトのコロナウイルスではなく、「犬のコロナウイルスのお話をします。

 

「犬にもコロナウイルス感染症がある」と言うと飼い主さんはたいてい驚かれます。

しかし、混合ワクチンをよく見てみると‥‥。

 

f:id:oushinjuui:20200201234450j:image

 

確かに「犬コロナウイルス感染症と書いてあります。

注)ただし、混合ワクチンの種類によっては含まれないものもあります。

 

コロナウイルスは、ざっくり言ってしまえば犬に腸炎を引き起こすウイルス。

 

1971年ドイツに突然現れたこのウイルスは、しばしば子犬を死に追いやる感染症として報告されました。

その後ヨーロッパ、全世界へと拡大し日本にも到達したわけです。

 

この犬コロナウイルス、感染犬の糞便に混じって排泄されて経口感染で犬から犬へ感染しますが、ヒトにはうつりません。

 

犬が感染すると幼若期の犬を中心に下痢や嘔吐が見られます。

ただ、単独感染での死亡率は高くありません。

ですから単一の病気として、それほど危険視されない感染症ではあります。

 

ただ、厄介なのが「犬パルボウイルス」との混合感染です。

犬パルボウイルスは犬に致死的な腸炎を引き起こすウイルス。

 

犬パルボウイルスの単独感染だけで十分危ないのに、そこに犬コロナウイルスも混合感染すると非常に危険です。

 

 

また、コロナウイルスは軽症の感染犬からも持続的に排出されます。

すると多頭飼育をしている場合、「症状が軽いがゆえに」蔓延する危険があります。

 

そういう意味では、犬コロナウイルス感染症もまた、注意すべき病気だと言えるでしょう。

 

ちなみにこの犬コロナウイルス、なぜ50年前のドイツに突然現れたのか。

「もともとは豚のコロナウイルスだったものが変異した」という説があります。

 

家畜で蔓延したウイルスが変異し、種を越えて蔓延していく場合があります。

 

犬にしろ家畜にしろ、多頭飼育の弊害と言えばそうなのですが‥‥、地球という空間で最も多頭飼育されている動物が人間である以上、ウイルスとの戦いは避けられないとも言えるでしょう。

 

 

f:id:oushinjuui:20200202030846j:image

 

 

 

 

猫、ネズミ、そしてあの長いやつ

 

コレラも終息に向かいつつあるようで、ひとまずホッとしています。

 

家庭や学校の動物を診るのが私の仕事ですが、今回のような家畜の伝染病が対岸の火事かというと、必ずしもそうではありません。

 

例えば。

 

ノラ猫に関する苦情が頻発しているような地域があります。

地域の方、愛護団体やボランティアさんが必死に避妊去勢を進めても、どこからかまた猫がやってくる。

轢かれた猫の遺体を目にすることも多い‥‥。

 

何か所か、私はそのような場所を知っています。

 

そしてその出所を突き止めると、畜舎である場合があります。

 

そのような場所ではネズミ対策としてしばしば猫が飼われます。

 

 

f:id:oushinjuui:20200128232218j:image

(家畜飼料を食べに来たネズミを狙う猫)

 

 

畜舎の猫はだいたい自由に繁殖しています。

成長した猫の何割かは近隣の住宅地に進出し、そこで暮らします。

(注 もちろんきちんと避妊去勢して猫を飼っている畜産家の方もたくさんいます)

 

気候が温暖だと、猫は一年中繁殖します。

繁殖サイクルが早い分、ノラ猫の数が多くなるのは沖縄県ならではと言えます。

 

 

もう一つ、沖縄県特有の問題として特記すべきはハブです。

 

「ネズミを捕ってくれる」という理由で猫を飼う理屈は誰にでもわかります。

ではもう一つ掘り下げて「なぜネズミがいると困るのか」という問題を考えてみましょう。

 

もちろん衛生上の観点からネズミはいけません。

 

しかしここ沖縄ではそれに加えて、この地域特有の理由でネズミがいては困るのです。

 

それは、

「ネズミがいるとハブが出る」

からです。

 

猫はネズミを捕る。

すると、間接的に畜舎周辺のハブの生息数が減る。

 

つまり、畜主と猫は暗黙の了解のうちに共生関係を築いている場合があるわけです。

 

人は居住地と食料、繁殖の自由を保障する。

猫はネズミを捕り、ハブ咬傷被害を減らす。

 

もちろん、無秩序な繁殖によって住宅地にどんどん猫が入ってくる状況は看過できません。

法的にも問題があります。

 

しかしそれを何とかしようとするとき、

「両者にはすでに共生関係が構築されている」

という理解は必要かと思います。

つまり両者に別の方法で安全が保障されねば話が進まない、ということになります。

 

何にせよ、そこへ行って初めてわかる事ばかりです。

 

色んなことがつながっている。

毎日、この世界の有機性に驚嘆します。

 

 

f:id:oushinjuui:20200128235214j:image

 

 

 

 

 

たかが紐、されど紐

 

まずこの写真を見てください。

往診先で撮ったものです。

 

f:id:oushinjuui:20200123002916j:image

 

子犬の足が写っていますね。

そして地面の上に落ちているのは‥‥。

 

f:id:oushinjuui:20200123002954j:image

 

「ひも」です。

 

ここへは狂犬病の予防注射に来ました。

注射のあとすぐ帰ってよいでしょうか。

 

いいえ、それはいけません。

飼い主さんに「ひもの危険性」について説明せねばなりません。

犬も猫も、「ひも」を誤飲することがあります。

 

なんだ、「ひも」くらいの事で‥‥。

 

ところが、ひもは大変危険です。

ひもは複雑に曲がった腸の中を移動しながら、腸管をアコーディオン状に圧迫。

しばしば腸を切ってしまいます。

取り出すためには開腹が必要な場合も‥‥。

ですから、ひもが動物の近くにあってはいけません。

 

もちろん、このことをよくご存じの飼い主さんもいます。

‥‥しかし。

盲点もあります。

 

子犬や猫は「ひもを自分で作ってしまう」ことがあります。

 

そもそも、さきほどの写真のひもはどこから来たのでしょうか。

 

次の写真を見てみましょう。

 

f:id:oushinjuui:20200123004650j:image

 

これは土のう袋です。

ポリエチレンのひもで織り込まれたものです。

風化して劣化し、一本一本がほぐれています。

いや正確に言えば、ほぐしたのは‥‥。

 


f:id:oushinjuui:20200123004653j:image

 

彼です。

 

特に、乳歯が抜け変わる時期の子犬は何でも咬みたがります。

猫もひも状のものでよく遊びます。

 

皆さんも身近なところに「ひもになるもの」が無いかどうか、チェックしてみて下さい。

 

 

f:id:oushinjuui:20200123014548j:image